工場の朝♪

2018/07/06

 

夜が明け
もくもくと煙を出し
透き通った冷たい冬の朝がくる

DSC02419

 

 

↓↓いつもポチありがとうございます。
皆様のポチで励みになります^^

今日は海の仲間たちとアップルパイ作り!
アザラシがリンゴを持って上がってきました♪

アップルパイ

リンゴを見なくても切れます!!

アップルパイ

バター、砂糖も一緒に炒めます!!

アップルパイ

蓋をしてちょっとたつとこんな感じに♪
砂糖はグラニュー糖じゃないのでこんな色に^_^;
シナモンシュガーも入れて♪

ぬいぐるみ

生地をハートの型に♪

ぬいぐるみ

中身も入れて♪
食わせろ〜とウツボ君。。。
止めるアザラシとイルカ。。。

アップルパイ

っ!!!!!!!!!!!!!!

アップルパイ

見守りの達人かたつむりのロールくんに逃げられたのでちょっと焦げましたっ(笑)

アップルパイ

アルパカさんのポチ!お願いします!!(ポチするとブログランキングページが出ます♪)
↓↓↓↓↓↓↓

自転車通勤を始めて1ヶ月が経ちました。

快適に続いております。


断酒との相乗効果で体重は7kg減りました。


runtasticというアプリで記録をつけているのですが、家から職場まで15kmを当初だいたい40分かかっていました(信号待ちで止まってる時間は除く)。

途中川を3本渡るので結構アップダウンもあり丁度良いコースなのですが、最近35分くらいで走れるようになってきました。


疲れも当初に比べるとやや少なめで、心肺機能も強化されているようです。

何より橋を渡るときのペダルの重さがだいぶ楽になったのは脚力がついてきた証拠だろう。

脚力といえば、私は元々足の筋肉があまり無く細身なので脚力がつくのは嬉しい。

歳をとると足腰からやられるというので、自転車を続けていけば安泰だろう。


1度仕事のことを考えながら走った時があったが、いつの間にか仕事のことは頭から無くなっていた。

運動は大切ですね。それが日々の通勤という時間で出来るのが、この自転車通勤の本当にいい所です。


青下第1ダム

2018/07/06

6/27、宮城県仙台市、青下第1ダムに行ってきました。
3回目。(→1,2)


f:id:kazu_ma634:20151007221350j:image:h400
この日は放流していなかった。


f:id:kazu_ma634:20151007221351j:image:w400
天端*1。


f:id:kazu_ma634:20151007221352j:image:w400
放流していないので、このダムの特徴である石張りが見える。


f:id:kazu_ma634:20151007221353j:image:w400
ダム湖。


f:id:kazu_ma634:20151007221354j:image:w400
水道記念館。
ダムカードとペットボトルに入った水道水をいただきました。


f:id:kazu_ma634:20151008094424j:image:w400
ダムカード。

*1:ダムの一番上の部分

第13回 日本ダム協会ホームページ 写真コンテストの入賞作品の発表がありました。
第13回写真コンテスト入賞作品


今年は私の作品が3つ、入賞いたしました。
ありがとうございます。


「ダム本体」部門 優秀賞
f:id:kazu_ma634:20160313231157j:image:w600
ぬめる迷宮(秋田県/松倉ダム)
洪水吐*1の越流部分が直線構造ではなく、このように複雑な形状をしているのをラビリンス型*2と呼びます。
しかもコンクリート製ではなく鋼製のラビリンス。
アースダム*3に鋼製ラビリンス、かなりギャップがあって面白い。
そんなラビリンスを撮りに雪解けの越流時期を見計らって行ってみたわけです。
雪解けの越流は水が澄んでいてきれいなはずですが、ラビリンス洪水吐は苔と藻でみっちり。
あまりの汚さに絶望しましたが、それならもっと気持ち悪く撮ってみようということで、シャッタースピードを遅くして水のぬめり感をプラス。
浦山ダムにてA2にプリントされたものが展示されると思いますが、この気持ち悪い写真が拡大写真で見たときにどうなるか、今から楽しみです。
kazuma634.hatenablog.com


「テーマ」部門『風』 優秀賞
f:id:kazu_ma634:20160313231158j:image:h600
青と緑の揺らぎ(秋田県/八塩ダム)
湖面に映る空の青と木々の緑が風により湖面が揺れることで混ざり合うのを狙った作品。
ところで、今年から新設されたテーマ部門。
しかも風がテーマということで難しかったです。
風は直接見ることができず、他の物体を使って、例えば揺れている草花とか湖面の揺らぎだとかで間接的に風の存在を伝えなければなりません。
本当だったら「堤体×風」の組み合わせがベストなんでしょうが、コンクリートでできているダム堤体の場合、当たり前のことですが風が当たっても堤体が動くわけではないので風を感じることができません。
そうなると放流の水しぶきが風で舞うとかが理想なんでしょうか?
それとこの写真だとダム湖部門としても応募が可能で、どちらに応募しようかと迷いました。
審査員がなにを期待してこのテーマを選んだのか、考えるのが大変でした。
できれば「堤体×風」の作品を作りたかった。
kazuma634.hatenablog.com



「テーマ」部門『風』 入選
f:id:kazu_ma634:20160313231159j:image:w600
地吹雪の向こう側(宮城県/川原子ダム)
先程の作品はそよ風ですが、こちらの作品は暴風。
このダムは冬の晴れた日、地吹雪現象がよく起こります。
写真右側にはダム湖があり、そのダム湖の向こうに蔵王連峰があり、そこから強風がやってくる。
本当はもっといいポジションで撮影をしたかったが、地吹雪の前ではこれ以上難しかった。
西日が正面にあるため逆光ポジションですが、これが幻想的な写真になったポイントだと思う。
また虹が偶然に現れたのも運がよかった。
あまり構図を考えずにシャッターを押したのが残念なところ。
kazuma634.hatenablog.com


ここからは入選しなかったが、自分が好きな写真5選。


f:id:kazu_ma634:20160313231200j:image:w400
青緑色の秋扇湖(秋田県/鎧畑ダム)
青いダム湖に飲み込まれそう。


f:id:kazu_ma634:20160313231201j:image:w400
永永無窮(新潟県/宮中取水ダム)
永遠と奥まで続いていそうな、そんな錯覚。


f:id:kazu_ma634:20160313231202j:image:w400
黄昏流木(宮城県/川原子ダム)
頭の中に流れてくるのは金曜ロードショーのあの曲。


f:id:kazu_ma634:20160313231203j:image:w400
トリコロール(山形県/月山ダム)
赤・白・青の3色がきれいでしょ?


f:id:kazu_ma634:20160313231204j:image:w400
決死の撮影(山形県/月山ダム)
私もこんな感じで身のこなしがいいカメラマンになりたい。


【告知】
今年も入賞作品が展示されることになっています。

4/17~8/31
埼玉県 浦山ダムの展示室「うららぴあ」

また初日4/17の午後より、オープニングイベトが催されます。
私も参加する予定です。
但し、この日は進撃の浦山ダムという痛車・コスプレイベントが催されていますので、交通の便等、ご注意ください。
www.chichibu.events


※このフォトコンテストは著作権は撮影者に帰属することとしていますので、当ブログでも写真を公開させていただきました。

*1:洪水に対処するため設けられた放流設備

*2:通常の構造ではなく複雑な構造にすることで越流量を増やす

*3:おもに土を使って造られたダム、規模は小さく貯水池や調整池として使用されることが多い

福岡でぐっさんライヴします! バンドで行きますよ〜 入場無料です! 2011年10月23日(日) 福岡タワー前広場 福岡RKBラジオまつり2011 入場無料 15:30〜

|恋愛小説r18

2018/07/03

恋愛小説について、動画で探してみたよ。




おすすめの恋愛小説がありますか?今、恋愛小説を読みたいと思ってます。 ハッピーエンドなかんじの恋愛小説があったら教えてください。 ・作者 ・出版が最近か昔か ・短編か長編か などは、問いません。 著者と、本...

若い頃からの気持ちの切り替えが難しく、変わったことなどしなくても「もうすぐ出会いのチャンスがきっとくる」などと安穏としているから、「出会いがない」「素晴らしい殿方はどこ?」などと心が暗くなってしまうのです。
皆が思うより、恋愛を堪能している若者は恋愛関係でくよくよしない。言い換えれば、くよくよしないから恋愛が続いてるといったところが真実かな。
恋仲になる人が欲しいと願ってはみても、出会いがないなどと半分諦めているようなら、それは、あなた自身がいつの間にか設けた好きな人を探すための方法が適していないと推測されます。
恋愛相談の話のきき方は各自考えればいいと認識していますが、折にふれて自分が好意を抱いている男性から知人のxBD
灝④傍い❹△襪箸領瑇α蠱未妨xAB舞われることもあり得ます。
現実世界ではなく、ネットという仮想世界での出会いに対して特に何も言われなくなった今、「その昔、無料出会い系で嫌な思いをした」「法外にお金をとられるイメージがある」などという人は、試しにもう一度だけ挑んでみてはいかがですか?






ということで恋愛小説の関連動画をチェック







ちょっとミスが多すぎましたね。

どうもこんにちは、ロキです。

 

走攻守、色々な面でミスが出た試合になってしまいました。序盤は良いプレーも出ていましたし、どちらかと言えば運はこちらに味方していただけに、自ら勝利を手放してしまったという印象です。ちょっと勿体無かったですね。

 

先発の青柳ですが、この日は良くありませんでしたね。初回からなかなか制球が定まらず、苦しい投球となってしまいました。結果としては2失点でしたが、内容はそれよりも悪かったです。5回4被安打4奪三振4四死球2失点、良いところで併殺が取れたことと、味方の好守に助けられたことで失点が抑えられた形です。

彼の場合、まだまだ安定感を求めるのは難しいですから、こういう日があることも覚悟していなければいけないでしょうね。登板を重ねていく中で、状態が良くない日でもそれなりに安定して投球するためのコツと言いますか、技術と言いますか、そういったものを掴んでいってもらいたいですね。それができるようになれば、ローテーションピッチャーとしてキャリアを積んでいけるだけの力はあると思いますから。とりあえず現状は、しっかりと反省をしながら次回登板に向けて頑張ってもらえればと思います。

 

この試合はリリーフが誤算でしたね。ロースコアの同点でリリーフ勝負に持ち込むことができましたから、阪神としては良い展開になったと思ったのですが・・・

マテオの状態が良くなかったですね。制球が今ひとつで(普段から細かいコースに投げ分けているわけではないですが)、特に先頭に四球を与えてしまったことが痛かったですかね。

マテオに続いてマウンドに上がった松田もペゲーロに満塁ホームランを許し、これがとどめの1発となってしまいました。彼もそうでしたが、全体的に四球が多かったことが傷口を広げる原因となりましたね。

悪い面が多かった試合の中でポジティブな面を挙げるとすれば、そのひとつは間違いなく桑原の投球でしょう。7回、岩崎が作った無死1、2塁のピンチを(失点こそしなかったものの、岩崎も良くなかったです)三者連続三振で切り抜ける快投をみせてくれました。試合に勝ってさえいれば、ヒーローに選ばれていたかもしれません。これからも良い投球を続けてもらいたいですね。

良くなかった人たちは、しっかり切り替えて次の登板に向けて準備をして欲しいと思います。またすぐに出番があるのがリリーフ投手ですしね。

 

攻撃でも細かいミスがいくつか出てしまいました。相手先発の美馬は状態があまり良くなかったですね。制球に苦労していました。その美馬からは2点を奪い、同点で後半勝負に持ち込むことはできました。欲を言えば不安定だった序盤からもう少し点を奪いたかったですが、最低限の仕事はできたと言えるでしょう。

ただ、問題はその後でしたね。中盤以降も、何回かランナーを出してチャンスを作ることはできたのですが、ここでミスがありました。

ひとつは6回、先頭の髙山がツーベースヒットを放ったわけですが、ライトのペゲーロが打球の処理を誤っていましたから、十分に3塁を狙えたはずでした。しかし、初めから2塁までと決めつけてしまっていたのでしょうか、3塁まで進むことができませんでした。これは完全に髙山のミスですね。

もうひとつは、7回の梅野の送りバントの失敗です。普段しっかりバントを決めている梅野でしたから、ちょっと意外でしたね。彼は阪神の中では(キャラに似合わず?)バントが上手い部類の選手なんですけどね。当然送ってくれるものと思える打者だっただけに、痛いミスとなってしまいました。

野手陣におけるポジティブな面を挙げるとすると、中谷になりますかね。4回のタイムリーと6回の好守があり、攻守両面で良いところをみせてくれました。

原口のタイムリーも素晴らしかったですが、彼は8回の守備で痛いタイムリーエラーをしてしまったのが残念でしたね。大事にいき過ぎて動きが硬くなり、ちょっとしたイレギュラーに対応できませんでした。まだまだ経験の浅いファースト守備ですから、慎重な気持ちになるのは仕方のないことかもしれませんが、どのような場面でも平常心でプレーできるようになって欲しいですね。これに関しては、練習&経験あるのみでしょうか。

最後に守備面でのミスをもうひとつ。それは、8回の守備でウィーラーに盗塁を許したことですね。これはバッテリーのミスでもありますし、スコアラーも含めたベンチのミスでもあると思います。ウィーラーが隙をみて盗塁を仕掛けてくることは、情報としては持っていたはずです。今シーズンは特に多いですし、交流戦期間中にもすでに2度決めていました。素人の私でも知っていましたし、実際あの場面でも可能性はあるなと思って観ていました(後からであれば何とでも言えると思われてしまうかもですが、本当ですよ)。

しかし、あの場面では完全にノーマークでしたね。可能性を頭に入れておくべきでした。結果として、痛い勝ち越し点を与える原因となってしまいました。警戒まではしなくとも、頭に入れておけば十分に刺せたはずなんですけどね(決して遅くは無いのでしょうが、特筆するほど俊足というわけでも無いですから)。

 

ミスの多い試合となってしまいましたが、1試合でたくさんミスが出て負けてしまっても1敗は1敗ですからね。気を引き締め直して、交流戦最後の1戦に臨んで欲しいと思います。

 

最終戦の先発は小野と岸の予告先発です。かなり厳しいマッチアップですね・・・

できれば勝利が欲しい最終戦ではありますが、あまり過度な期待はするべきではないですかね。小野がしっかりと自分の投球をみせてくれればと思います。その上で、こっそりと彼のプロ初勝利を願いましょうか。

好投手岸に対して、阪神打線がどれだけ得点を奪えるかですね。ポジティブに考えると、彼は今シーズンまだ無失点で抑えた登板がありませんから、チャンスが全く無いわけではありません。まずは、接戦でリリーフ勝負に持ち込むことが目標になるでしょうか(その後は、この試合のようなことが無いように願いたいところです)。

 

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

興味がありましたら、他の記事にも目を通していただけると嬉しいです。

それでは今回はこれにて失礼いたします。