静かな時評だ。

 「イスラム」国の人質について、高橋は「意見」はあるが、「書く気になれない」。

 「もっと別のことが頭をよぎる」と、持論はしまう。
f:id:munosan:20150129204310j:plain
 太田光、スーザン・ソンタグ、エマニュエル・トッド、ジャニーン・ディジョバンニ、竹下誠二郎、ロバート・クラムの識者の言葉を引く。

 「対岸の火事」ではすまされないが、「意見」を持つことの「覚悟」を読み解いた。

 識者に脚注がつく紙面に、ここまでサービスしなければいけないのかと感じた。